オールシーズン可愛い!ショートブーツをおしゃれに履きこなそう

すっかりおしゃれの定番となったショートブーツ。ブーツは秋冬に活躍するイメージが強いですが、ロングよりも見た目が暑苦しくないため、ショートブーツはほぼ1年を通して履きまわせる万能ちゃんなのです。

更にボトムスを選ばないので使用頻度も高く、1足持っているとかなり重宝する代物!そこで今回は、海外スナップとともにオシャレなブーツコーデを紹介します。

どんなデザインにするか、カラーはどうしようか?とお悩みの方は参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ショートブーツのコーディネート例


出典:http://street-fashion-snap.com/

スニーカー並みに手軽に使えるショートブーツは、年代を問わずに大人気。ロングブーツよりも主張が控えめな分、様々なシーンやテイストに合わせることが可能です。

例えば上の写真のようなワンピース主役のフェミニンコーデ。ジャケットと素材や色を合わせて統一感のある履きこなしです。


出典:http://street-fashion-snap.com/

次にゆるめのパーカーコーデ、あえて革のブーツを合わせることでラフになり過ぎないキレイめカジュアルスタイルの出来上がりです。こちらもリュックと素材、カラーが一緒なので全体に安定感がありますね。

ブーツを普段履かない、どう合わせたらいいのかわからない、という女性は上のコーデのように小物とお揃いを意識してみると違和感なく着こなせます。

パンツをINしてすっきり見せ

とはいえ、ふくらはぎの太さが気になる女性にとってショートブーツはちょっと難しい…。私も足が太い方なので、上の2つのようなミニ丈のパンツやスカートと素足で合わせるのには抵抗があります。


出典:http://street-fashion-snap.com/

ということで素足を避けたコーデ術!

全身をコンパクトに見せるスキニーパンツをそのままインして履くのが、パンツ×ブーツコーデの定番にして最強オシャレな履きこなし方。特にニットなどでトップスにボリュームがある場合は、ボトムスをスッキリさせるとバランスが良い。


出典:http://street-fashion-snap.com/

シンプルなスタイルにこそアクセントになるブーツ。白シャツとブラウンの革ブーツがどこかウエスタンな雰囲気。同系色コーデもオシャレですが、やはり色の境目が分かりやすいメリハリコーデは良いですね。


出典:http://street-fashion-snap.com/

かっちりブーツとは正反対、ゆるいスウェットパンツにもイン。レースアップブーツやサイドにファスナーが付いているタイプなら、靴紐などで調節できるので履きやすいですね。パンツスタイルの多い女性はここら辺もチェックしておきましょう。

足をカバーするならタイツが最強


出典:http://street-fashion-snap.com/

夏や気温の高い春には暑苦しくて使えませんが、やはり足を出すブーツコーデならタイツが最強。写真のようにブーツとタイツのカラーを揃えれば、すらり足長効果も期待できます。

ソックスで普段とは違う足元を


出典:http://street-fashion-snap.com/

タイツ×ソックスのレイヤードは秋冬定番の組み合わせ。最近はブーツとルーズソックスの組み合わせが熱く、靴下とブーツが一体化したようなソックスブーツも人気です。


出典:http://street-fashion-snap.com/

無難に暗い色のブーツを選ぶ人は多いでしょう。カラーソックスで差し色を入れて、コーディネートを明るくサポート。


出典:http://street-fashion-snap.com/

こちらロールアップであえて靴下をチラ見せするオシャレテク。重ね着感がなんともボーイズライクで良いですね。いつものパンツコーデがマンネリだと感じたら試してみるのもお勧め。

カラーブーツで差をつける


出典:http://street-fashion-snap.com/

ブーツと言えばブラック・グレー・ブラウン・ネイビーを選ぶことが多いですよね。もうすでに定番カラーは1足持ってます!な人はアクセントになるカラーブーツもお勧め。

トップスやボトムスにホワイトを使うことは多くても、足元に持ってくる人は少ないのではないでしょうか。上の写真を見ても、足元に取り入れるだけでオシャレ上級者感が凄いですよね。


出典:http://street-fashion-snap.com/

カラーブーツの中でも取り入れやすい色といえば赤。寒い時期は必然的にモノトーンやネイビーのコーデが多くなってしまいます。それらの色とも相性の良い赤なら、うまく全体の差し色となって活躍してくれることでしょう。


出典:http://street-fashion-snap.com/

手を出しにくいアイテムの一つではありますが、ここぞというときの柄ブーツもオススメです。ギャルのイメージが強いアニマル柄も、小物でさりげなく取り入れれば控えめにオシャレを楽しむことが出来ます。

ヒールが違うだけでも印象が変わる


出典:http://street-fashion-snap.com/

厚底などのぺったんこブーツはカジュアルな印象になります。どんなスタイルにも合わせられるし足も疲れないので、お散歩や1日ショッピングの日に使えますね。何も考えず、気軽に履きまわせるのがポイント。


出典:http://street-fashion-snap.com/

ピンヒールなどの細いヒールは、やはり女性らしい色っぽい印象に。シンプルにワンピースと合わせて上品コーデが無難ですが、あえてカジュアルなパンツに合わせるのでも良いですね。お食事や女子会に履いていきたいブーツです。


出典:http://street-fashion-snap.com/

チャンキーヒールのような太くてしっかりしたヒールはロックな感じになりますね。安定感のあるヒールなので、長時間の移動でも脚への負担が少ないのが魅力。子どもがいてぺったんこ靴しか履けてません…なママさんにお勧めのブーツ。


出典:http://street-fashion-snap.com/

コーンヒールのような全体が丸くてコロンとしたヒールは、少しフェミニンな印象に。スカートと合わせてデートに履いていきたいですね。普段挑戦しないようなデザインだからこそ、他の人と被らないブーツとなっています。

おすすめショートブーツ

なんとなくショートブーツの着回しはイメージ出来たでしょうか。最後にオススメのショートブーツたちを紹介します!

出典:https://www.magaseek.com/

価格:7,689円(税込み)

足首にフィットする絶妙な長さのキレイめブーツ。ポインテッドトゥでヒール高めのため、脚がとても綺麗に見えるデザインです。

カラーは写真のブラック・グレー・ネイビー・ピンクの4色。

アイテムの詳細をみる

出典:https://www.magaseek.com/

価格:6,804円(税込み)

くるぶしより少し浅めのカッティングが女性らしいブーティー。カジュアルよりはちょっとフォーマルな印象になる上品なデザインです。

こちらはレザーとスエードの2素材から選べます。カラーはブラック・グレー・ダークブラウン・ワインの4色。

アイテムの詳細をみる

出典:https://www.magaseek.com/

価格:5,616円(税込み)

インヒールデザインでさりげないスタイルアップも期待できるサイドゴアブーツ。フラットヒールで少し高さを出しているので疲れにくく、安定感があり歩きやすいのもポイントです。

カラーはブラック・ベージュ・キャメルの3色。

アイテムの詳細をみる


出典:https://www.magaseek.com/

価格:7,452円(税込み)

マニッシュにもガーリーななコーディネートにも合わせやすいレースアップブーツ。サイドジップ仕様で脱ぎ履きも楽チン。

カラーはブラック・ネイビー・ホワイト・ダークブラウン・グリーン・ワインの6色。

アイテムの詳細をみる

出典:https://www.magaseek.com/

価格:3,223円(税込み)

スエード調の滑らかな風合いと、カラーモザイクヒールがきらりと輝く上品さのあるデザイン。アクセサリー感覚で取り入れたいブーツです。

カラーはブラック・オーク・ネイビーの3色。

アイテムの詳細をみる

出典:https://www.magaseek.com/

価格:4,266円(税込み)

一見クールな印象ですが、フロントはシンプルで高級感のある素材で仕上げているのでフェミニンなスタイルにもマッチします。歩く度にグリッターラメが輝き、華やかな足元を演出してくれます。

カラーはブラウン・ボルドーの2色。

アイテムの詳細をみる