生地や編み方で差をつける!覚えておきたいニットの種類・名前

レディースの秋冬ファッションに欠かせないニットですが、一括りにニットと言っても生地や編み方でたくさんの種類に分けられます。

今回は今覚えておきたいニットの種類・名前を紹介します♪

スポンサーリンク

ローゲージニット

出典:https://www.magaseek.com

ニット商品を探しているときに特に見かける単語がこちら「ローゲージ」。ローゲージニットとは網目の大きいニットの総称で、目に見えて網目が確認できるものがローゲージです。

網目の大きいニットは基本的にしっかりとした生地が多いので、コーデを大人っぽく仕上げたい日におすすめです。

ハイゲージニット

出典:https://www.magaseek.com

ハイゲージとは逆に網目の細かいニットのことを指します。シンプルなデザインでコーデに取り入れやすいのがポイント。薄手の生地が多いので春先まで着回せるアイテムも多いです。

見た目がすっきりとしているので、お仕事の通勤コーデに最適。

編み方・デザイン別にみるニットの種類

ざっくりと2種類のニットを覚えたところで、さらに詳しく編み方別にニットの名前を覚えていきましょう。

ケーブルニット

出典:https://www.magaseek.com

ケーブルニットとは縄編み模様が入っているデザインのこと。セーターと言えばこちらを想像する人も多い、秋冬ニットの代表的デザインです。

流行やトレンドに関係なく、着るだけでシーズンムードを高めてくれるアイテム。一括りにケーブルニットと言っても、ショップによって網目のパターンが違うのもポイント。

アラン柄ニット

出典:https://www.magaseek.com

アラン柄とはケーブル編みをはじめ、複数の編地を組み合わせた模様のこと。アイルランドのアラン諸島が発祥で、模様のパターンは数えきれないほどにあります。

ケーブルと似たような感じではありますが、アウターを羽織ったときの見え方が違うのでニット好きは1枚持っていても良いかも。派手ではなくともニットで個性を出したい方におすすめです。

リブニット

出典:https://www.magaseek.com

リブニットとは凹凸のある縦縞の網目模様のニットのこと。こちらもよく目にする定番デザインですね。コンパクトなものが多く縦縞が上半身を華奢に見せてくれるため着痩せ効果も。

縦縞の幅(太さ)はかなり細かいものもあれば目立つしっかり太めの縞もあります。かなり印象が変わるので、選ぶ際はいろいろ探してみて下さい。

ワッフルニット

出典:https://www.magaseek.com

ワッフルニットとは、まるでお菓子のワッフルのように凹凸のある四角い編地が特徴のニットのこと。細かい網目でニットの起毛を抑えるため、さらっとカジュアル感の強いデザインとなっています。

見た目はやわらかい、というよりは硬そうな印象でケーブル編みとはまた違った雰囲気のあるニットです。

ループニット

出典:https://www.magaseek.com

ループニットとは毛の束で輪っかを作るようにループ状に編みこんだニットのこと。存在感のあるデザインで、カーディガンとしても多く見られます。

毛足の長さによっても印象が大きく変わるデザイン、細かいループ状になっているものはモコモコ感が増して可愛い印象に、逆に長いものは個性的に。選ぶ際は長さにも着目してみて下さいね。

シャギーニット

出典:https://www.magaseek.com

シャギーニットとは毛先に向かって毛量を減らしていく「シャギーカット」を施した、毛足の長いデザインのこと。柔らかくふわふわとした質感でレディライクな着こなしができます。

個人的にニットの中で一番着心地が良く好みです。ただし他と比べて重たいのが難点。クタっとしたシルエットが好きな女性におすすめです。

チルデンニット

出典:https://www.magaseek.com

チルデンニット(またはチルデンセーター)とは、Vネックの首回りに沿って太めのラインが入ったニットのこと。近年高い人気を誇るデザインで、ワンピースでも展開されていますね。

アメリカの名テニス選手が愛用していたことが由来。そのため、きちっとした印象にどことなくスポーティな雰囲気もプラスされたデザインになっています。

生地別にみるニットの種類

デザインの他に、生地によっても印象ががらりと変わるニット。代表的なニットの生地も併せて覚えておきましょう♪

ウールニット

出典:https://www.magaseek.com

ニットで一番多く使われているであろう定番生地。ウールとは羊の毛のこと。温かく保湿性の高いニットは汗をかいても冷えにくい特徴があり、寒い時期には持ってこい。

あまり派手な服装はできないけど、コーデに季節感を出したいという日にぴったりです。

カシミヤニット

出典:https://www.magaseek.com

カシミヤとはカシミアヤギの毛のこと。柔らかく温かい、肌触りがダントツで良く見た目も光沢感があるのが特徴。洗っても縮みにくいので、家でケアする際も手間がかからない。

見た目的にもお値段的にも高級感のあるカシミヤ、取り入れるだけで上品な大人コーデに仕上がります。また、ニット特有のチクチク感が苦手な人におすすめです。

アンゴラニット

出典:https://www.magaseek.com

アンゴラとはアンゴラウサギの毛のこと。ふわふわと柔らかい毛並みが特徴で、フェミニンな印象の強い生地となっています。

見た目も女の子っぽい質感なので、使用されているニットもホワイト系やピンク系が多いです。かわいいニット選びには外せません。

モヘアニット

出典:https://www.magaseek.com

モヘアニットはアンゴラニットと似ていますが、モヘアはアンゴラヤギの毛を使用しています。名前がややこしいですがアンゴラがウサギの毛、モヘアがヤギの毛です。

見た目はふわふわした素材感ですが、触ってみると毛がやや硬いのが分かります。チクチク感も他の生地と比べたら多いので、敏感肌の人は試着をおすすめします。

 

いかがでしたか?最近は寒い時期だけではなく暖かい春にもニットがトレンド入りするため、各名称は覚えておいて損は無いでしょう!

また、ニットはネックラインでも分別されるので、併せてこちらの記事も読んでおいてください♪
今すぐ役立つネックラインの種類11