暑い日でも着たい!ゆるさが可愛いサマーニットのコーディネート

冬にニットを着るのは当然、でも春や夏にだってニットを着てお出かけしたいですよね!近年、真夏にニットベストを着ている女性を見かける機会も増えました。

薄手のサマーニットの良さと言えば他のトップスにはない程よいゆるさ、そして網目から感じる清涼感です。オシャレ好きな女子にとっては、サマーニットは夏の必須アイテム!

今回は暑い日に欠かせないサマーニットのコーディネートを紹介します。

スポンサーリンク

Vネックニット


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=9773840

せっかく暖かい季節にニットを着るのであれば、王道のモノクロ以外に柑橘カラーも持っていたいですね。ゆるさのあるサマーニットは、シャツインしてバランスをとってあげましょう。


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=9982496

シンプルにテーパードパンツを合わせれば、お仕事コーデの仲間入り。明るい色でまとめれば上品さあふれる印象になります。


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=10359543

Vネックにワイドパンツの組み合わせは、シャツはインしてゆるくなり過ぎないように。

淡い色のニットにあえてライトブルーのデニムを合わせることで、パンツなのに甘い女の子らしいコーディネートになっています。シンプルなコーデなので、さりげないアクセサリーがよく映えますね。


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=10412148

クールに決めたいときにはやはり暗めのカラーでまとめましょう。ジーンズにインする際にはベルトをチラッと見せるようにすると、小物が使えるオシャレさんな印象になります。

春夏はデニムにカゴバッグを合わせて大人のラフコーデを作っちゃいましょう。

ラウンドネック(丸首)ニット


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=9828740

ゆるさを前面に出すのも可愛いですが、着こなしやすいのは「ゆるゆる×きっちり」。特にキレイめなベーシックコーデが好きな女性はタイトスカートと合わせてみて下さい。

ベルトを加えれば、よりフォーマルな印象になります。


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=9539280

同じ色でまとめてあげると、より一層ドレッシーに。夏はオールホワイトコーデが流行りますが、オールグレーコーデも可愛いですね。


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=9722915

ベージュニットで大人の休日コーディネート。サマーニットはどれだけシンプルにキメてもお洒落に見えるから便利です。夏はトレンドのサンダルをヘビロテしましょう。

ノースリーブニット


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=10391494

ノースリーブのニットは、着るだけで大人っぽさを感じられる優れもの。あまり派手に着飾ろうとせず、シンプルが着こなしやすいでしょう。

一見クールにまとまっているこちらのコーデ、あえてスニーカーを合わせることで程よいカジュアル感をプラス。


出典:http://wear.jp/chipo930/7407557/

エスニックな雰囲気の透かし編み柄がアクセントになっています。オレンジと鮮やかなブルーデニムで綺麗なコントラストですね。

キャップとスニーカーを合わせて、エスニックからスポーティーな印象になっています。


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=10407046

ノースリーブとミモレ丈のスカートを合わせて上品コーディネート。全体を暗めの色でまとめながらも、ホワイトの腕時計が良いアクセントになっています。


出典:http://wear.jp/nonuniform/10339020/

色を落ち着いたキャメルでまとめることで大人のラフコーデに。夏に髪をまとめる際には、ぜひヘアバンドを使ってみて下さい。他アイテムと色を合わせるも良しですが、ハズシの挿し色として使ってもオシャレです。

ボーダーニット


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=10268271

ボーダーニット、持っている方も多いのでは?ボーダーは線の太さにもよりますが、大きくまとめてみれば白。なので基本的に何にでも合わせられます。

柄物なので、他はシンプルに合わせてあげると◎。カジュアル感の強いデニムと女性らしいヒールを足して大人らしいコーデに。


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=10244124

ワンランク上の大人コーデを目指すのであれば、オススメは上のように挿し色を意識した着こなし。モノトーンでまとめて、靴や鞄で色を外すことによって簡単な垢抜けコーデの完成です。

挿し色は思い切って発色の良いカラーを使ってみて下さい


出典:http://wear.jp/wear10056/9428280/

最後に、ボーダー好きさんにおすすめなのが赤ボーダー。ボーダーアイテムといえばついつい白黒を買ってしまいがちですが、女性らしい赤を持っていると1枚で決められるし挿し色になってコーデを作りやすいですよ。

ゆるさを活かしてコーデを作ろう♪

いかがでしたか?ニットはあえて”ゆるさ”を出してシャツインすることで、お腹周りの体型カバーコーディネートが出来ます。そのため、ベルトをお持ちでしたらぜひ今年の夏活用してみて下さい。

上で紹介したコーディネートの中にもいくつかありましたが、小物の”ベルト”は夏に欠かせないアイテム。冬はアウターで体型カバーも難なくでしたが、夏になると1枚勝負です。小物を如何にうまく使えるかが、夏コーデのポイントなのです!