子育て中でもオシャレは欠かせない!シーン別にみるママコーデ特集

子育てが忙しいとオシャレを楽しむ余裕がない…そんな悩みをかかえる女性は多いかと思います。しかし、子供が成長して幼稚園や小学校などに通うようになると何かと外に出る機会も増えるもの。

例えば休日に家族でショッピングやピクニック、学校行事なら授業参観に運動会。まだまだあるイベント、そのたびシーン別に考えるのは確かに面倒です。

今回は考える時間のないママさんのために、4つのシチュエーション別にコーディネートを紹介します。雰囲気を覚えて日々の参考にして下さい。

スポンサーリンク

お花見/ピクニック


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=9860735

大きい公園でピクニック、やはりボトムスはパンツが良いでしょう。そして暖かい春夏は特にデニムが映える季節ですのでジーンズが無難です。

春先はまだ少し寒いので、暖色(オレンジやイエローなど)のカーディガンをプラスして挿し色を。


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=9598449

キャミソール×Tシャツにジーンズのコーディネートは、もはや定番。定番だけど外さない組み合わせです。程よくガーリーで着こなしやすいので、忙しい日にでもサッと着替えることができます。


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=10082144

スカート派の方は、地面に座ることを考えてロング丈を選ぶと良いでしょう。また、天気が良い日には帽子も欠かせません。お子さんと一緒に遊ぶときはスニーカーコーデで。

ショッピング


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=10357054

ショッピングモールへ行くなら、やはり小物やトレンドを意識したコーデが良いでしょう。例えば写真のような春夏に人気の出るガウン×ワイドコーデ。ゆるさに大人の女性らしさを感じさせます。


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=10105113

次にこちらの柄ワンピコーデ。足元にビビットピンクを持ってくるだけでとてもオシャレに見えます。上のワンピースが主張し過ぎない白だから違和感なく着こなせていますね。

ワンポイントで色を足す際には、他のアイテムはなるべくモノトーン系でまとめれば失敗しません。


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=10254815

長めのリブスカートでシンプルだけどオシャレなコーディネート。最近ではこのようなタイトスカートでもスウェット素材のものが多いので、着ているときも楽で良いです。見た目に反してママに優しいアイテムですね。


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=9804783

ミリタリージャケット×サロペットのシンプルコーデ。全体的に色が暗めなので、足元に挿し色をプラスして女性らしさをアピールしています。

せっかくのショッピングモールでのお買い物、普段は使わないアイテムや色を使ってオシャレを楽しみましょう。

運動会


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=10046235

運動会が春(5月・6月)組は、とにかく暑いので気を付けて下さい。トップスは清涼感を感じさせるレースやシースルー、またはシンプルにTシャツが良いと思います。カメラを回したり、座っていても何かと動くのでパンツスタイルが吉。


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=9854276

腕を出すことに抵抗のない方はノースリーブのブラウスもオシャレ。普段スカート派の女性はワイドやガウチョパンツも良いかと思います。


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=10351617

やっぱり運動会はスポーティに決めたい、という方はこれくらいガッツリシンプルでも良いかと思います。キャップを被るだけでもアクセントですし、腕時計やその他のアクセサリーをつけても可愛いですよ。


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=9354542

運動会が秋にあるママさんはデニムジャケットを使ったコーディネートもオススメ。デニムアイテムが一つあるだけで、運動会らしいカジュアルコーデになります。こちらのコーデは元も良いですが、スニーカーでも十分オシャレな感じがしますね。

授業参観


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=9281239

授業参観日にはキレイめカジュアルなコーディネートが◎。お勧めはシャツコーデ、地味過ぎず派手すぎず無難アイテムだけれども着こなし次第でお洒落に使える優れものです。


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=9827193

例えば写真のような後ろ襟を引き下げてうなじを魅せる”襟抜き”という着こなし方。少し崩して着るだけで他とは違うこなれ感を印象付けることができます。


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=10097871

授業参観の日はかなりの高確率で子どもたちの中で親の話題が出てきます。そのときに「お前の母ちゃん服めっちゃ派手だな!」と友達に言われては多少ショックを受けるものです。

地味過ぎるのも良くありませんが、少々色味を抑え気味で行くのが良いでしょう。何か明るい色を合わせる場合は1色まで、他アイテムはモノトーンやネイビーでまとめるなど。

時間が無いママさんは通販もオススメ

いかがでしたか?コーデ例をいくつかあげましたが参考になったでしょうか。

時間がないからと言ってオシャレを諦めてはいけません。余裕がないときこそファッションを楽しむことで息抜きを行うのです。

そもそも洋服を買いに行く暇がない、というママさんには通販での服選びもオススメです。意外とお店に足を運ぶよりも安い買い物が出来たりします。

こちらの記事を参考にどうぞ
大人系レディースファッション通販サイト一覧

年々子ども服もかなりオシャレになってきていますから、お揃いでコーディネートを組むのも素敵ですね。デニムやボーダーなど使いやすいアイテムでペアルックにも挑戦してみて下さい。

にほんブログ村 ファッションブログ ファッション情報へ