秋冬はレトロ感漂う柄物アイテムでワンランク上の大人コーデを♡

オシャレを最も堪能できる秋と、素材でファッションを楽しむ冬。どちらにも欠かせないのが柄物アイテムです。

今年の秋冬トレンドは「レトロ感」に「ヴィンテージ感」。今回は定番のチェックや花柄、ドットをオシャレに着こなすコーデ術を紹介します。

スポンサーリンク

定番の柄は色を意識して秋冬仕様に

まず初めにオールシーズン使えるような定番の柄は、季節感のある色を選ぶことが大切。

例えば、秋によく使われるオータムカラーと言えば「紅葉」をイメージさせるような赤・黄・緑・茶色です。

こんな感じで、色をくすませたような色が秋っぽい。原色に赤みを足したものがそれらしい感じになります。
赤:■黄:■緑:茶:

次に冬ですが、冬は断然寒色で攻めるが正解。秋とは対称的に青を足したような色合いをイメージすると良いです。
紫:■青:■緑:■灰:■

新しく服を購入する際には、こういった配色を頭に思い浮かべながら選ぶと楽しいですよ。色使いが上手な方はもれなくオシャレ上級者さんです!

では、定番柄の参考コーディネートを見てみましょう。

チェック柄


出典:http://zozo.jp/

2017~2018年秋冬トレンドのグレンチェック、モノトーンのため他の色とも合わせやすいのがポイント。1色差し色コーデでシンプルだけど落ち着きのある着こなしに。1枚で簡単にコーデが決まるので忙しい日にも嬉しいですね。


出典:http://zozo.jp/

明るめのチェック柄も可愛いですが、秋冬はやはり暗めが吉。シンプル&ベーシックな形のシャツはゆるく着崩してこなれ感をプラスしましょう。暗くなりすぎたかな?と感じたら季節感のある差し色アイテムを足してもオシャレ。


出典:http://zozo.jp/

寒い季節にはウール調のチェックスカートが最高にマッチ。ゆるめのニットと合わせれば、女子力高めのコーディネートでデート服にもぴったり。チェック柄を使う際には、他は無地でまとめた方が綺麗に見えます。


出典:http://zozo.jp/

秋冬は差し色なしのモノトーンコーデも綺麗に映えます。グレンチェックは一見すると地味ですが、それを逆手に取ってシックなコーデを作ることが可能。

小さめでもアクセサリーを追加すればそれだけでも華やかさがアップします。地味めなコーデにはさりげなく小物を足して、上品なコーデに仕上げましょう。

花柄


出典:http://zozo.jp/

レトロ感のあるコーデを作るには、年代物のようなシックな花柄を選ぶことが重要。秋冬トレンドの部分ファーと合わせて、より一層季節感のあるコーディネートに。


出典:http://zozo.jp/

花は大きいものよりも、小さくて細かいものを選ぶと良いでしょう。細かい花柄は他アイテムとも合わせやすく、大人っぽい印象になります。

また、花柄アイテムに限りパンツは避けた方が良いかも。ワイド系の裾がひらひらしているパンツは女性らしさがありますが、チノパンやスキニーの花柄はやや男性ウケが悪いです。デートに花柄を選ぶ際にはスカートがお勧めです。


出典:http://zozo.jp/

やはり花柄と言えばワンピース、からし色で秋を感じさせるヴィンテージコーデに。シックに着こなすにはシンプルにまとめるのが◎。こじんまりしたバッグとアクセサリーで女性らしさをアップさせましょう。


出典:http://zozo.jp/

同じ花柄のワンピースでもやはり型が違えば別物、特に襟元が違えば見た目の雰囲気もガラリと変わります。ハイネックだとヴィンテージ感が増し、”女の子”よりも”女性”らしい印象になりますね。

ドット柄


出典:http://zozo.jp/

白のドットスカートは春らしい雰囲気がありますが、その他のアイテムを茶系にして秋風に。数ある柄の中でも、ドットは一番レトロを感じさせる柄だと思います。レトロコーデに挑戦してみたい方はぜひ使ってみて下さいね。


出典:http://zozo.jp/

多くの色を使ったコーデはなかなかに難しい…配色を間違えば”ダサい”コーデになってしまう危険もあります。色の組み合わせに悩んだ際には最強必殺「1色差し色コーデ」です。

モノトーン+シーズンカラーでその季節にあったオシャレコーデを作ることが出来ます。下手に色をたくさん使うよりもキレイにまとまるのでオススメです。


出典:http://zozo.jp/

秋冬にはトレンドのファーアイテムを足して一気に季節感アップを狙いましょう。こちらのコーデは全体を寒色系でまとめているのでどこか冬っぽい。モノトーンと最高に相性の良い赤がアクセントになっていてとてもオシャレですね。

首周りがモコモコしていると冬、バッグや靴などにファーを足すと秋らしく感じます。


出典:http://zozo.jp/

プリントでもレトロ感の強いドット柄ですが、刺繍+シースルーのブラウスで更にヴィンテージ感を強くすることが出来ます。

シースルーアイテム=春夏のイメージがありますが、暖かい時期には明るい色を、寒い時期には暗い色を用いるとその季節ごとにマッチさせることが出来るので試してみて下さい。


いかがでしたか?今回は定番柄3つの参考コーディネートを紹介しました。定番の柄を今風に着こなして、いつもよりワンランク上のファッションを楽しみましょう!